IRを活用していくとは

IRを活用していくことはとても大事になります。こうしたIRは様々なことを知るという意味ではとても役立ちます。実際に活用していくことで投資に必要な判断をより正しい方向で行っていくことが出来ます。もともとは企業が業績動向などを投資家に提供していることで多くの金額を投資してもらうことを目的に行われているものですが、こうした業績に関するレポートなどを提出することで長期的に株を持ってもらうということなどにも貢献しています。自社の株を長期間保有している株主がいるということは、企業にとって株価を安定させていくためにはとても重要な要素になっています。こうしたレポートなどをきちんと提出することは、市場での評価をより高めていくということにも利用することが出来ます。また健全な経営をしている企業であるということなどもアピールしていくことが可能です。

企業からのIRを待っています。

IR(インベスター・リレーション)は投資家向けに行う広報活動のようなものだと思って頂いて良いです。投資家は、企業が出すIRを楽しみにしています。インベスター・リレーションが出る事により、その企業の現状や新しいニュースを知りこの会社を応援したい投資をしたいと思う投資家が出てきて、株を購入し、株価が上がったりします。なので、投資家の方々はこまめに情報をチェックしています。企業側も出来るだけたくさんの投資金を手に入れたいために、出来るだけ良い情報を出したいと思っているようですが、なかなか出すタイミング等が難しいと聞いたことがあります。企業によっては、株価が低迷しそんな時に投資家の人がIRを熱望しているのにも関わらず、何も出すものが無く、どんどん株価が低迷していくパターンもあります。でも、突然出したりするものなので、楽しみながら待ちましょう。

IRは投資をするうえで重要な判断基準になります

IRは企業が出す様々な情報で、それによって投資をする人が多いです。例えば、業績が上がったり、新製品が販売されるという情報が流れるとその企業が注目されます。そして、その重要度によって市場は反応して投資をするようになります。しかし、いい情報ばかりが出るとは限りません。とくに、財務状況は投資をする人にとってとても重要となるだけに、結果次第では株価を下落させる原因にもなります。たとえば、経常利益が100万円だったとすると、市場予想では150万円だったならば利益が出ているにもかかわらず、株価が下がり売却する人も出てきてしまいます。そして、IRは新聞や証券会社のホームページやその企業のホームページで公開していることがほとんどです。そして、基本的には市場が開いている時間帯には重要な情報は出さないようになっているので、気になる企業にはアンテナを張って情報を収集する必要があります。