IRは企業の重要な情報です

企業が出すIRはとても重要な情報ばかりです。決算の情報はもちろんのこと、新製品の情報は投資家にとっていい情報になります。逆に、マイナスの情報もあります。例えば、今まで配当を出していた企業が、業績の悪化で配当を出せなくなるといった情報が流れると株を売却する人が出てきます。一般的に、悪い情報が流れると株を売却する人が増えていきます。とはいっても、あまりインパクトのない情報もあります。株式投資をしている人はある程度業績の予想をして投資をしているので、想定済みということもあり、相場を刺激しないことも多いです。そして、新しい技術を開発したり、新製品がでると注目されます。特に、新しい技術では他社にないものであれば、投資をする人から見ると投資のポイントになるので、多くの投資家の注目となります。そして、IRは時期を見て出す企業もあり、その動向が注目されます。

IRは企業の情報提供活動

IRとは、企業が株主や投資家に対し、投資判断に必要な情報を提供する活動です。投資判断に必要な情報といえば、開示が義務づけられている有価証券報告書など制度的開示があげられますが、IRは制度的開示だけでなく、企業が自主的に行なうことです。活動内容はミーティングの開催、工場や施設見学会、年次報告書や投資家向け広報誌の刊行などがあります。企業は、株主、投資家、顧客などと意見交換することで、お互いの理解を深め、信頼関係を築き上げ、資本市場で適切な評価を得ることができます。また投資家も情報を効率よく集めることができるようになります。最近では、インターネットのホームページ上にIR専用のサイトを設ける企業が増えています。また株主や投資家に対するだけでなく、顧客や地域社会等に対して、経営方針や活動成果を伝えることが、良好な企業のイメージ作りに必要な活動になってきています。

投資家にとってとても重要なIR情報

株式を購入して、投資を行っている人もたくさんいるのではないでしょうか。それは、自分が働くだけでは、十分な収入を得ることができなくなってきているからです。その理由としては、年金の受取額が年々減ってきていることが挙げられます。ですので、自分で働くだけで得られる収入は限られていますので、投資を行うことによって、年金が減った分の収入を補填しようとするのではないでしょうか。そういった人たちが重要視しているのは、会社が発表するIR情報ではないでしょうか。会社から発表されるIR情報というのは、会社がどんな経営状況になっているかというのが分かる情報です。その情報を見ることによって、その会社に投資をし続けて問題ないのかを判断することになります。その判断によって、どれだけ多くの収入を得ることができるかが変わってくると考えられます。