IRとは企業の配信する情報です

IRとは、企業が配信する情報のことを言うようです。昨今では株式投資の方法を、インターネット上で売買が出来るような身近なものになってからというもの、日本も個人投資家が、昔に比べて随分増えているのではないかと考えます。その様な方は、株式に上場している、様々な会社や企業の情報などが記載されている、四季報などといった本を書店で購入したり、インターネット上で閲覧したりと、熱心に、アンテナを張り巡らし研究、勉強をしていらっしゃる方も大勢いらっしゃるのではないかと考えます。そして、その優良となるような企業や会社を選ぶ際の目安として、IRに注目が注がれるようになるので重要と考えます。例えば、新しく始める事業の内容であったり、今までの、実績であったり、これからの見通しであったり、企業や会社側も、一人でも多くの株主を増やしたいと考えて色々な情報を配信しているようです。株主側は、とはその中から、企業努力や実績など、見込みがある会社を見極めて行くようです。

財務の安定化とIRの関係

IRは企業が投資家に対して行う広報活動です。インベスターズリレーションの頭文字からできた言葉です。財務状況はもちろんですが、投資家とのコミュニケーションをスムーズに行うための活動です。主に一般投資家に対して行う活動です。昔は、株は企業が持ち合いをしておりましたので、特に株主に対する広報活動は行っておりませんでした。しかし、企業の株の持ち合いが少なくなり、企業は一般投資家の株を安定して維持してもらう必要が発生しました。安定した株価は企業の財務状況に大きく影響します。そのため、一般投資家にたいするIR活動は重要になります。また、単なる財務状況の公開だけでなく、社会貢献活動、コンプライアンス活動を含めた、トータル的な活動が必要になります。今までの広く浅い広報活動だけでなく、投資家、株主だけを対象とした広報活動が近年のIR活動です。

IR情報を投資に活用する

IRとは、INVESTMENTREPORTといって、企業が投資家向けに公表する自社の財務的情報報告のことです。これを利用して投資家はその企業の財務状況や今後の発展を予想し、株式の購入を検討したりします。株式投資による投資を行う際には、このIR情報はたいへん有用な情報があふれているので、ぜひ活用したいところです。数字はうそをつかないとよく言われますが、いくら言葉で自社の活動を表現しても、損益実績や財務的な保有状況などを数値で表現してくれる投資家向けの情報に勝るものではありません。証券会社のサイトなどでは、IR情報をとても分かりやすく掲載してくれています。たくさんの銘柄を購入することができるツールですから、その分購入に際しての判断のための情報をたくさん提供することも必要になります。サイトから直接企業それぞれの財務情報を閲覧することができます。