IR整備推進法案と沖縄県の人の反応

現在カジノを営む事は国がしてはいけない決まりですが、来年の通常国会で法案が成立すれば、可能です。その法案はIR施設整備推進法案といい、先ほど12月6日に国会ではこの法案がIR推進派により提出されており、2020年の東京オリンピックに間に合うように検討されています。候補地には大阪府といった大都市、広大な自然があり、観光客が多い北海道、すでにカジノ施設が建設されている宮崎県等が挙がっています。カジノを日本が積極的に誘致しようとする狙いは、地域の産業の拡大であり、また、その経済効果は何千億円以上といわれます。誘致に反対する意見には、治安維持が出来るのかや、教育上相応しくないといった地域の安全や子供への悪い影響を懸念する声が聞かれました。先ほど沖縄県ではカジノの建設を市長の判断で行わない事になりましたが、カジノの議論は十分、地域の人々の意見を踏まえてしてもらいたいです。

IR情報の重要性とビジネスの最前線を知る事

投資を行なう方には馴染み深い言葉ですが、IRという表現は最近ではとても簡単且つ多くの方が使用しています。IIRは各企業が決算や新商品、人事異動等に関して発表する大変重要な指標です。是非、自分が投資を行なう際に注目している会社の発表するこのような情報に着目していきましょう。重大な発表はポジティブであれ、ネガティブであれ、市場に大きな変動をもたらします。株価は非常に沢山の要因で変動しますので、それらの全てを学んでいく事はとても重要な事です。是非、自分の投資を行なう上で大切な情報に関する精度や感度をどんどん高めていきましょう。株式投資は非常に大きなメリットある反面、短期間で大きな損失を出すリスクも十分に考えられますので、その点からしても十分に注意を払って市場の動向に注意を払っていきましょう。素敵な投資を行っていく事がとても重要な事です。

IRについての活動内容

IRとは、株主・投資家に対して投資判断に必要な企業情報などを適時、公平に継続して提供する活動のことであり、株主・投資家との間に良好な関係を築くことで、有利な資金調達が可能になるメリットがあります。従来はIRの対象は機関投資家が多く情報も一般の人には難しい内容であったが、最近では、個人投資家の増大により内容も一般的なものが多くなり、広告と内容が近くなっている面もあります。活動は大きく2つあり、1つは対面で話をする方法で、ミーティングなど密度の濃いやり取りをする事ができます。もう1つは出版物としてアニュアルレポートなどを補完するためのデータをまとめたファクトブックなどがあります。これは、特定の対象に対して確実に情報を送る事ができます。ポイントは自発的に継続的な情報開示を行うことであり、いずれにしても活動を行うには、ターゲットに適した方法で伝えるべきメッセージを全てベクトルを1つにして実施する事が大事であります。

従来よりもサービス対象エリアの拡充を強化し、より多くのエリアにてお客様のご満足を全力でご提供いたします。 定期的にIR・SRコンサルティングセミナーを開催しており、多数の上場企業の方々にご参加頂いております。当社では、株券の電子化によるメリットを貴社に享受していただくため、株主名簿取得については何回でも無料で行わせていただいております。 IR活動をすべて自社内で完結させるアイ・アールジャパン